GIGAスクール構想実現、お任せください!ケーブルの総合商社

橋本興産株式会社

GIGAスクール構想実現、お任せください!ケーブルの総合商社

092-400-0970平日9:00〜17:00

h1 GIGAschool 専門商社によるGIGAスクール構想の実現に向けた最適な商品のご提案 GIGAschool 専門商社によるGIGAスクール構想の実現に向けた最適な商品のご提案

h2 GIGAスクール構想とは GIGAスクール構想とは

文部科学省より、義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台の学習用PCと高速ネットワーク環境などを整備する5年間の計画です。その目的は子ども一人一人の個性に合わせた教育の実現にあります。
さらに、教職員の業務を支援する「統合系校務支援システム」の導入で、教員の働き方改革に繋げる狙いもあります。

Q&A

Q
GIGAスクールの
ねらいは何?
A
すべての小中学生1人1台のパソコンと高速大容量の通信ネットワークの整備を掲げています。
人工知能(AI)ドリルなどの先端技術を活用することで、個別の児童・生徒に最適化した学習システムを学校現場に普及させることが狙いです。

Q&A

Q
導入の背景は?
A
超スマート社会「ソサエティー5.0」時代の子どもたちの教育に、ICTを基盤とする先端技術の活動が求められています。その一方で、現在の学校のICT環境の整備は遅れており、自治体間の格差は大きいです。その為、全国一律のICT環境の整備を急いでいます。
Q
新型コロナウイルスの
影響はあるの?
A
当初は2023年度の達成を目指していた小中学校への1人1台のパソコン整備を前倒しする計画です。災害や感染症の発生などによる学校の臨時休校などの緊急時でも、ICTを活用し、すべての子どもの学習を保証する環境整備を目指しています。

h2 GIGAスクールに使われる部材とは? GIGAスクールに使われる部材とは?

1 LANケーブル

Local Area Network(ローカルエリアネットワーク)の略。構内ネットワーク(LAN)を構成する機器間をつなぐ通信ケーブル。
信号を伝達する光ファイバーや銅線を樹脂やゴムなどで覆った線状の部品で、両端に機器に接続するためのコネクタを取り付け使用します。Ethernet(イーサネット)LANなどで利用されるツイストペアケーブル(より対線)で、ノイズを遮断するシールド被覆の有無からSTP(Shielded Twist Pair)ケーブルとUTP(Unshielded Twist Pair)ケーブルがあります。

LANケーブルの規格(カテゴリ・グレード)

LANケーブルは、カテゴリという規格で分かれており、通信速度・周波数の違いで分かれています。カテゴリの数字が高いほど通信速度は速くなります。

文部科学省「GIGAスクール構想の実現 標準仕様書」において、「カテゴリー6A(CAT6A)以上、最大 10Gbps の通信が可能」と設定されているため、CAT6以上のLANケーブルが必要となります。

カテゴリー6

ケーブルの中央に十字の仕切りが入っており、1対(2線)ずつに区切られている。
その為カテゴリー5eと比べ、より厳しい耐ノイズに優れている。
1000BASE-TX 10Gビット/秒のLAN向け

規格 CAT5 CAT5e CAT6 CAT6A CAT7
通信速度 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps
10BASE-T
100BASE-T
1000BASE-T × × × × ×
1000BASE-TX × × × × ×
10G-BASE-T × × × × ×
伝送帯域 100MHz 100MHz 100MHz 100MHz 100MHz
LANケーブルの規格(カテゴリー)別の通信速度を計測しています。
規格 利用環境・おすすめ
CAT5 すでにほとんど販売もされていませんが、おすすめではありません。
現在、HUBなど価格も下がっており、100MbpsでLANを使用するケースが少なくなっています。
CAT5のLANケーブルを使用している場合は、cat5e以上に変更することをお勧めします。
CAT5e 一般家庭や数名程度の企業・店舗の場合は、安価なCAT5eをお勧めします。
ほとんどのパソコンや通信機器は1Gbpsとなっており、さらに上位のカテゴリーLANケーブルを使用しても
通信速度には大きく影響しないことがほとんどです。
CAT6 大企業やパソコン・サーバが多い企業・店舗にお勧めします。
CAT5eと通信速度は一緒となりますが、ケーブルの形状により同時使用時の通信速度に影響します。
CAT6A GIGAスクール構想向けにお勧めです。
小・中・高等学校の教室内環境を整えるに適しています。
CAT6が1GBPSですが、CAT6Aは10Gbps通信速度がはるかに進んでいます。
CAT7 ノイズが多い場所で高速に通信したい方にお勧めします。
ケーブルの二重シールド(STP)や接合部の金メッキなどにより外部から干渉に強い仕組みとなっています。

「UTP」と「STP」の違い

ケーブル内のシールド(アルミ箔による保護)の有無によりノイズ耐久性に違いがあります。
UTPとSTPを外見から見分けることは出来ないため購入時に注意してください。
ただし、一般的にCAT6以下はUTP、CTA7はSTPとなります。

  • h3 UTP UTP

    一般的なLANケーブルです。

    LANケーブル内部はシールドが施されていません。家庭や企業でのノイズはUTPケーブルで十分対応できます。
    このため、販売されているCAT6までのLANケーブルはほとんどがUTPとなっています。

  • h3 STP STP

    ノイズを強化したLANケーブルです。

    LANケーブル内部はシールドが施されており、ノイズに対応しています。
    シールド;アルミ箔で保護されています。UTPと比べると価格が高くなっています。CAT7対応ケーブルはSTPケーブルとなっています。

「単線」と「より線」の違い

ケーブル内の芯線により通信の安定性などが違います。単線とより線を外見から見分けることは出来ないため購入時に注意してください。感覚とはなりますが、柔らかいケーブルはより線で固いケーブルは単線となります。また、フラットケーブルと極細ケーブルはほとんどがより線となります。

単線導体は銅線1本で構成されており、伝送特性にすぐれ距離の長い幹線系配線に適しています。撚線導体は細い銅線を撚り合わせて1本の導体を構成しています。やわらかく屈曲性にすぐれ、デスク周りの取りまわしなどに適しています。10m以上は単線、5m以下は撚線が適しています。

  • h3 単線 単線

    1本の芯線に1本の銅線が
    使用されたケーブルです。

    より線に比べて通信の安定性が高くなります。
    通信を考えるとより線より単線の方がお勧めとなります。ケーブルが固くなるため、より線に比べて配線の取り回しが若干面倒となります。

  • h3 より線 より線

    1本の芯線に複数の銅線が
    使用されたケーブルです。

    単線に比べて通信が安定が低下します。
    ケーブルは柔らかく取り回しが楽なため、持ち運びなどに便利となります。
    短いLANケーブルで取り回し重視の場合はより線を選択します。

「ストレート」と「クロス」の違い

以前は「ストレートケーブル」と「クロスケーブル」を厳密に使い分ける必要がありましたが、現在はネットワーク機器が自動判別する機能を備えており、ほとんどのケースで「ストレートケーブル」が利用出来るようになっています。
一般的には「ストレートケーブル」を使用すると判断ください。

2 カテゴリ 6A パッチコード

特長

  • Cat.6A チャネル特性を十分に満足した無遮へい(UTP)パッチコード
  • エイリアンクロストークに対応
  • 撚線導体を用いており可とう性に優れている
  • RJ-45プラグ両端加工品にて販売
  • 環境に優しい鉛フリーPVCを採用(EMケーブルも対応可)

3 REVConnectプラグ

BELDEN REVConnect

プラグは一括してカテ5eからカテ6aまで使用できます。シールド品もご準備しております。ジャックはカテ5eからカテ6aそれぞれで色合いを幅広く準備をしております。専用の圧着工具でコアを圧着時にはみ出した心線の切り取りができ、被覆剥き用工具も圧着工具に取り付けれられております。
一番のメリットは途中までコアを取り付ければ、プラグ、ジャックを自由にはめ込める仕様になっている点です。

日本製線 カテ6Aプラグ

RMFM45-C6Aは、Cat.6A 現場成端用シールド付きRJ45モジュラープラグです。 専用工具が不要で施工が可能です。
専用工具が無い為、手順書通りに作業を行えば素人の方でも扱いやすい商品です。
1個からの購入が可能です。

パンドウイット カテ6Aプラグ

2 ピース構造のハウジングと簡単工具で簡単に成端でき、施工時間の短縮はもちろん、施工後の品質及び性能に均一性をもたらします。又、作業の狭い場所や上下45度方向のケーブル配線に這わせる場所での施工も簡単に出来る、アングル型もご準備しております。

h2 LAN環境の構築は、ぜひ橋本興産にお任せください! LAN環境の構築は、ぜひ橋本興産にお任せください!

お電話でのお問合せ

095-823-3174 平日9:00〜18:00

お問合せフォーム

会社名
氏名
メールアドレス
電話番号
案件詳細
図面など、ファイルのアップロードをご希望の方はこちらから

選択されていません

選択されていません

選択されていません

橋本興産株式会社の個人情報の取扱いについて
■個人情報の定義
個人情報とは、個人に関する情報であり、氏名、生年月日、性別、電話番号、電子メールアドレス、職業、勤務先等、特定の個人を識別し得る情報をいいます。
■個人情報の利用・収集
当社がお客様からお預かりした個人情報は、資料請求、お問い合せ、その他サービス等のご案内に利用いたします。その他、個別にご同意いただいた利用目的のため使用させていただくことがございます。
■個人情報の提供
当社は、個人情報をご本人の同意なしに、第三者に開示・提供することはありません。
■個人情報開示に関する免責事項
法令等に基づき、裁判所・警察機関などの公的機関から開示の要請があった場合には、当該公的機関に提供することがございます。
■情報の内容の照会、修正または削除
当社は、お客様が当社にご提供いただいた個人情報の照会、修正または削除を希望される場合は、ご本人であることを確認させていただいたうえで、合理的な範囲ですみやかに対応させていただきます。